高卒でも世の中にポジティブに向き合うコツ

 不況が叫ばれ就職難がすっかり定着した感のある昨今、高卒のみの学歴でコンプレックスを感じたり、実際に就職活動において、壁や困難を感じたりしている方も多いと思います。何だかんだと言っても実際の場面では学歴社会である日本において大学卒業というステータスはやはり、大きいものがあり世にたくさんある(ように見える)求人に目を通すと大卒以上が条件の場合が結構あるのは否定できないでしょう。

 しかし、だからと言って、決して後ろ向きになってはいけないのです。高卒で世に出た事を後から「アドバンテージ」だと前向きにとらえることが出来るよう、自分なりの戦略を持って努力して行けるならば学歴の壁は決して絶対的なものではありません。

 やるべきことを明確にしましょう。そのために不可欠なのはまず、「自分を知ること」です。

 具体的に自分の今までを振り返りましょう。日記などをつけている人ならそれを読み返してみましょう。手帳や昔の携帯、読んだ本、文集などなんでも結構です。とにかくいままでの自分に関係する事からまずは振り返るのです。そのうちに少しずつ自分が持っていた願望、夢、憧れなどが少しずつ浮かび上がったら、決して絵空事などと否定せず、ノートなどに書き留めておいてください。

 それらの内容は、たとえあなたが忘れてもノートには残っています。ノートを閉じたら、新しい世界へのドアを探すため現実的な就職活動に入ります。

 応募してもなかなか採用に結びつかない事が(正直言って)多い現状ですし、現実は確かに厳しいですが、この苦労している時間は人生の長いスパンで見たら実は短い期間でしかない、そう考え、焦らずにふんばりましょう。その後幸運にも就職が決まり、仕事にすこし慣れてきたら、閉じたままにしておいたノートを開いてください。

【関連情報】
高卒の就職活動
高卒で好きな仕事に就くための方法とは?

地方公共団体組織認証基盤(LGPKI)

 前にノートに書き留めた自分の夢や願望を読み、「この会社で自分は何をしたいのか、何がこれから出来るのか?」じっくりと振り返ってみるといいのではと思います。